アナログゲームコミック単行本『アナゲ超特急』12月18日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新紀元社は12月18日、コミック『アナゲ超特急』を発売する。磨伸映一郎+泉仁優一・作、A5版152ページ、1320円(税込)。

季刊誌ゲームマスタリーマガジン1~14号とGMウォーロック1号で連載されたコミックを単行本化。磨伸映一郎氏(『氷室の天地』)が、アナログゲームを名作傑作から珍作怪作まで面白おかしく紹介する。

紹介されているのは『渡る世間はナベばかり』『とくがわあつめ』『横暴編集長』『ゾンビタワー 3D』『TATEWARI』『ダンジョンファイター』『バルバロッサ』『ペリーこないで』『ことりファイト』『キル・Dr・ラッキー 19.5周年特別版』『なかぬき パラダイス』『羅生門』『狂気山脈』『四国』『大迷惑列車̶ソーシャルトレイン』『オダノブなんだっけ』『シャドウレイダーズ』の17作品。国産同人から海外日本語版まで幅広い。

さらに各話の巻末でとりあげた作品を友野詳氏が解説。より一層ゲームを遊びたくなる。

発売を記念して12月18日に大阪・日本橋のキウイゲームズにてサイン会とゲーム会が行われる。14:00~18:00、当日購入可。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です