オランダゲーム賞2021に『キューバード』『イッツアワンダフルワールド』『エバーデール』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダゲーム賞(Nederlandse Spellenprijs)の選考委員会は5日、ボードゲームイベント「スペレン・スペクタケル」にて今年の大賞作品を発表した。ノミネート作品3部門各3タイトルから、ファミリー部門は『キューバード』、経験者部門は『イッツアワンダフルワールド』、エキスパート部門は『エバーデール』が選ばれた。

ボードゲームショップ店長、ボードゲームジャーナリスト、ボードゲーム関連団体のメンバーなど10名によって選ばれる賞。2014年から2部門、2020年から3部門に分けて大賞を発表している。昨年のファミリー部門は『ポイントサラダ』、経験者部門は『ザ・クルー』、エキスパート部門は『西フランク王国の建築家』が選ばれている。対象は過去1年間にオランダでリリースされた新作であるため、オランダ国外で発売されたものは1年遅れでの受賞になることが多い。

『キューバード』は場や山札から鳥カードを取って集めるフランスのカードゲーム。『イッツアワンダフルワールド』は日本ボードゲーム大賞も受賞したフランスの現代文明発展ゲーム。『エバーデール』は動物たちが森の中で街づくりをするアメリカのワーカープレイスメントゲーム。ノミネート作品も含めて、『キューバード』以外全て日本語版が発売されている(『キューバード』はゲームストア・バネストとengamesで輸入版の取り扱いあり)。

【オランダゲーム賞2021受賞作品】
ファミリー部門賞:キューバード(CuBirds)
ノミネート:カートグラファー(Cartographers)、探偵クラブ(Detective Club)
経験者部門賞:イッツアワンダフルワールド(De Crew)
ノミネート:ニダヴェリア(De Dwergen van Nidavellir)、ミクロマクロ・クライムシティ(MicroMacro: Crime City)
エキスパート部門賞:エバーデール(Everdell)
ノミネート:アルナックの失われし遺跡(De Verdwenen Ruïnes van Arnak)、マラカイボ(Maracaibo)

Boardspeller.nl:Winnaars Nederlandse Spellenprijs 2021 link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。