アークライト・ゲーム賞2021に『ワードスコイ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトは20日、アークライト・ゲーム賞2021を発表した。最優秀賞には、するめデイズのワードゲーム『どひょ~!どんなコトバもワードスコイ』が選ばれた。

昨年に続き2回目の発表となるゲーム賞。過去3回のゲームマーケットで発表または発表予定だった作品の中から、アークライト社が商品化を前提に評価し、秋のゲームマーケットに合わせて発表する。

面白い体験ができる、何度も繰り返し遊びたくなる、思わず人に紹介したくなる、遊んでいる人の周りの人も思わず遊びたくなる、普遍性がある、時流に合っているという基準で同社のボードゲーム制作部門スタッフが選考し、最優秀賞作品は、希望すれば原則として1年以内に同社から商品化される。第1回の最優秀賞作『ドキッと!アイス』は今年6月に製品版が発売された。

今回の最優秀賞『どひょ~!どんなコトバもワードスコイ』は、隠された基準で親が決める勝敗をもとに、基準を推理しつつ強そうなワードをいうコミュニケーションゲーム。うちわとメモだけのコンポーネントで、それすらなくても遊べる。当サイトの新作アンケートでは7位。現行版の通販はこちら

優秀賞には以下は次の通り。優秀賞のひとつ『SHIRITORI44』はすでに『シリト:リミット10』というタイトルで今月発売されている。

【アークライト・ゲーム賞2021】
最優秀賞:どひょ~!どんなコトバもワードスコイ(するめデイズ)

優秀賞:
CARTA MARINA(YUTRIO)
SHIRITORI44(ボドゲイム)
ひきわけしわけ(アーカイブパラダイム)

佳作:
Cat in the box(キャットインザボックス)(操られ人形館)
金魚商 (JUGAME STUDIO)
コントラスト(029 PRODUCTS)
タビネズミ開拓記(クリッティニア)
TWO ROOMS(トゥー・ルームス) (YUTRIO)
鳴かぬならカルタ(ooyama)
Magicalligraphy(マジカリグラフィ) (こぐま工房)
指感覚(ちょっとずつ違う)
リトルレギオン(TanTan)
ワームス(NakagawaHands)

アークライト:「アークライト・ゲーム賞2021」決定のお知らせ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です