ココペリ(Kokopelli)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流動的なコンボ

手札からプレイした儀式カードの特殊能力を活かして、儀式を完成させるハンドマネージメントゲーム。クイーンゲームズの新作で、デザイナーはS.フェルト……にしてはゲーム構造もカード効果も複雑でなく、プレイ時間も短めになっている。

ゲームには16種類のカードが入っているが、そのうち10種類を使う。各自、今回使う10種類を3枚ずつと、ジョーカーのココペリカード6枚を混ぜて自分のデッキにし、手札5枚でスタート。

自分の手番には、山札から1枚引く、場に1枚プレイする、手札を交換するなどのアクションから2つ行う。手札を0枚にするとボーナスがあるので、できるだけきっちり出したいところ。

儀式を完成させて得点するには、同じカードを4枚プレイしなければならない。手札はばらばらなのに、場は4ヶ所で4種類しかカードをプレイできず、同じカードを4枚揃えるのは難しい。そこで重要なのが、すでに場にプレイされたカードの特殊効果である。1アクションで2種類出せる「ウォーリアー」、ココペリカードは2枚分になる「スネークダンス」、4枚でなく3枚で儀式を完成できる「ドラマー」などがあり、コンボでどんどん手を早められる。

また、両隣のプレイヤーの場にもプレイすることができ、敵に塩を送ることになるが、手札をなくすのに有効で、完成させればおこぼれももらえる。ゲームは誰かの山札がなくなるか、いくつかの儀式を3人が完成させると終了し、合計得点を競う。

儀式を完成させると、その特殊能力がなくなってしまうのが面白いポイント。あえて完成させずに残しておいたりするが、早く完成させたほうが得点が高いこともあり、コンボは流動的にならざるを得ない。特殊能力の蓄積がない分、終盤にかけて手が重くなることもなく、テンポよくプレイできる。

使うカードの種類を変えれば展開も変わる。これはいくらでも拡張セットが出せるなと思っていたら、もう第1弾が発売されていた。さすがクイーンゲームズ。

Kokopelli
ゲームデザイン・S.フェルト/イラスト・M.エルト
クイーンゲームズ(2021年)
2~4人用/12歳以上/40~60分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。