アラカルトカードゲーム賞2021に『ファンタジー・レルムズ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのボードゲーム専門誌『フェアプレイ』は14日、シュピール’21会期中にアラカルト・カードゲーム賞2021を発表した。識者の投票によって、『ファンタジー・レルムズ(Fantastische Reiche)』が1位に選ばれた。

『ファンタジー・レルムズ』は、ウィズキッズ社(アメリカ)から発売されたコンボ系カードゲームで、ドイツ語版はストローマンゲームズから発売され、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞7位入賞を果たしている。7枚の手札を入れ替え、それぞれ効果の組み合わせで勝利点を競う20分ぐらいのゲームだ。日本語版が発売されているが、現在品薄となっている。

2位は昨年の1位『ザ・クルー』の続編『深海に眠る遺跡』、3位には野菜集めゲーム『ポイントサラダ』が入った。4位以下は次の通り。

FansasyRaalmsJ.jpg【アラカルトカードゲーム賞2021】
1位:ファンタジー・レルムズ(Fantastische Reiche / B.グラスコ / ストローマン)
2位:ザ・クルー:深海に眠る遺跡(Die Crew: Mission Tiefsee / T.シング / コスモス)
3位:ポイントサラダ(Punktesalat / M.ジョンソンほか / AEG+ペガサス)
4位:第七大陸(The 7th Continent / L.ルディ&B.ソテール / シリアスパルプ+ペガサス)
5位:リフトフォース(Riftforce / C.ボルトリーニ / モアタイムズゲームズ+アスモデ)
6位:ワイルドスペース(Wildes Weltall / J.トーメ / ボードゲームサーカス)
7位:フォックスインザフォレスト(The Fox in the Forest / J.ブアゲル / フォックストロットゲームズ&レネゲード)
8位:コンプロマート(Kompromat / R.フィッシャー&A.ポーター / ヘルヴェティク)
9位:スピリッツオブザワイルド(Spirits of the Wild / N.ヘイス / マテル)
10位:幽霊アルファベット(Spukstaben / M.ドレスラー / NSV)

À la Carte – Der Kartenspielpreis link

フェアプレイブース前で行われた授賞式の様子

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です