アラカルトカードゲーム賞2022に『スカウト』

ドイツのボードゲーム専門誌『フェアプレイ』は6日、シュピール’22会期中にアラカルト・カードゲーム賞2022を発表した。有識者の投票によって、日本人作品『スカウト(Scout)』が1位に選ばれた。

『スカウト』は、手札の並べ替えができない中で、前のプレイヤーが出したカードを上手に加えて役を作り、一番に手札をなくすカードゲームで、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞7位を獲得している。日本人作品の同賞受賞は『街コロ』以来7年ぶり2回目。

2位は2人用トリックテイキングの『ジキルvsハイド』が、3位にはドラフト方式をリニューアルした『世界の七不思議:建築家たち』が選ばれた。4位以下は次の通り。7位には、日本人作品の『メトロックス』(ドイツ語版)が入っている。

【アラカルトカードゲーム賞2022】
1位:スカウト(Scout / 梶野桂 / オインクゲームズ)

German Cover

2位:ジキルvsハイド(Jekyll vs. Hyde / ジオーニユ / ナイスゲームパブリッシング)


3位:世界の七不思議:建築家たち(7 Wonders: Architects / A.ボザ / ルポ+アスモデ)


4位:トップテン(Top Ten)
5位:カノピー(Baumkronen)
6位:インペリウム・クラシック(Imperium: Klassik)
7位:メトロックス(Voll Verplant)
8位:7つの海の宝島(7Seas)
9位:キングス&クリーチャーズ(Kings & Creatures)
10位:フォート(Fort)

À la Carte – Der Kartenspielpreis link

フェアプレイブース前で行われた授賞式の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です