『キング・オブ・トーキョー:モンスターボックス』日本語版、10月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは10月上旬、『リチャード・ガーフィールドのキング・オブ・トーキョー:モンスターボックス(King of Tokyo: Monster Box)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ガーフィールド、イラスト・R.トレス、2~6人用、8歳以上、30分、7150円(税込)。基本セットが含まれており、単独でプレイ可能。

怪獣決戦ゲームの限定デラックスエディションとして、イエロ社(フランス)が今年発売した。基本セットに既発売の拡張2セット、さらに新しいモンスターと進化カードを同梱した総集編。

入っているのは『(新)キング・オブ・トーキョー』基本セット、各モンスターに個別の能力を付与する『パワーアップ!』と『ハロウィン南瓜の大決闘』、さらに、新モンスター「ベビー・ギガザウルス」とその進化カード、新規のパワーカード11枚、組み立て式ダイストレイ。「パンダカイ」をはじめ10体のモンスターが暴れまわる過去最大パワーの最強セットとなった。

『キング・オブ・トーキョー』は、怪獣たちがトーキョーを舞台に戦うダイスゲーム。プレイヤーは一体の怪獣を操り、自分の番でダイスを6個ふる。ダイスには1から3と、「エネルギー」、「回復」、「攻撃」の目があり、これらで敵の怪獣を攻撃する。「エネルギー」を使えば進化してパワーアップ。トーキョーを20点分破壊しつくすか、ほかのモンスターたちを叩きのめして最後まで生き残ることを目指す。

内容物 モンスターボード×10、紙製フィギュア×10、トーキョーボード×1、黒ダイス×6、緑ダイス×2、オレンジダイス×6、パワーカード×77、進化カード×96、コスチュームカード×12、エネルギーキューブ×たくさん、トークン×37、紙製ダイストレイ×1、ルールブック×1


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です