不正解に導いているのは誰?『ダニー:映画を想う』日本語版、8月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごろくやは8月20日、正体隠匿コミュニケーションゲーム『ダニー:映画を想う(Dany goes to hollywood)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ヴィズカーロ、イラスト・A.バイヤルジョー、3~8人用、14歳以上、30分、2200円(税込)。単品で遊ぶことも『ダニー』と組み合わせて遊ぶことも可能。

オリジナルは2020年、グーアゲームズ(フランス)から発売された作品。イラストカードを並べて映画のタイトルを当てるゲームだが、不正解に導こうとする裏切り者「ダニー」役のプレイヤーが1人混じっている。

お題カードには5つの実在する映画名が並んでおり、そのうち1つが正解。出題者はイラストカードを並べて正解を表現する。ほかのプレイヤーは相談の上、どれが正解かを当てるが、予めランダムに配られている役割カードで密かに「ダニー」役になったプレイヤーは、さりげなく不正解に導こうとする。

出題者を交替しつつ、6回正解すればダニー以外の勝利。その前に3回不正解ならば、誰が「ダニー」役だったかを投票で決めて、当てられなければ「ダニー」役の単独勝利となる。「ダニー」役に出題者が回ることもあり、そこでのヒントの出し方も手がかりになる。

今作では新たに「ダニー」をサポートする新しい役割「ダニーの理性」を加えることができる。不正解に導きつつ、いかにも「ダニー」役であるかのように振る舞って、投票で本物の「ダニー」役が当てられないようにする。

収録されている映画100タイトルは有名どころばかりだが、映画好き同士で遊べばマニアックなワンシーンを表現したりしてさらに盛り上がるだろう。

すごろくや:ダニー:映画を想う

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です