大釜でタイルをつないで魔法発動『ウィッチストーン』日本語版、8月上旬発売

ホビージャパンは8月上旬、『ウィッチストーン(Witchstone)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア&M.キアッキエラ、イラスト・M.ガンゼル、2~4人用、12歳以上、60~90分、5500円(税込)。

ライナー・クニツィアが『デックスケープ』シリーズのイタリア人デザイナーとコラボし、フッフ社(ドイツ)から今夏発売される最新作。魔術師と魔女たちが、100年に1度行われる古代の聖なる石「ウィッチストーン」の儀式を成功させて、支配者になることを目指す。

各プレイヤーは自分の大釜ボードをもっており、手番には六角形が2つつながったタイルを配置し、そのアイコンに対応するアクションができる。アクションは、中央のウィッチストーンで魔力ネットワークを作る、魔女を移動させる、ボーナスタイルを取る、水晶を移動させる、杖を進める、巻物を取るという6種類。11ラウンドで最終得点計算を行い、勝敗を決める。

『インジーニアス』のように、隣接する同じアイコンだけアクション数が増えるが、手持ちのヘックスタイルを配置していくので同じアクションばかり続けて行うことはできない。好機を逃さず、何が高得点に結びつくかを考えて巧みなタイル配置をしよう。

内容物:ゲームボード1枚、魔法の大釜4枚、ヘクスタイル60枚、特殊ヘクスタイル15枚、フクロウタイル10枚、魔女駒48個、魔力駒80個、水晶28個、巻物40枚、魔法チップ21枚、カウンター12個、ついたて4枚、位置マーカー4個、動物マーカー4枚、プレイヤーエイド4枚、ルールブック

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です