魅力的な遊園地づくり『ミープルランド』日本語版、8月5日発売

アークライトゲームズは8月5日、『ミープルランド(Meeple Land)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.アラー&F.ゲラール、イラスト・T.ラレック、2~4人用、10歳以上、60分、6380円(税別)。

オリジナルは2020年秋、ブルーオレンジゲームズ(フランス)から発売された。夢のアミューズメントパークをつくりあげ、訪問する人(ミープル)が満足を高めて評判を競う。

手番にはアトラクションタイルやサービスタイル(レストランやトイレなど)などを1枚購入し、自分のプレイヤーボードに配置する。何周かして、パスをしてラウンドを抜けたプレイヤーからバスカードと、その上に乗っているミープルを取る。いつまでもタイルを置いているとほしいミープルが取れず、ほしいミープルを取ろうとするとタイル配置を早めにあきらめなければならないというジレンマがある。

全員がパスしたら入場したミープルを対応する色のアトラクションタイルに置いて収入を得る。これを4ラウンド繰り返し、最終的にアトラクションの種類や園内にいるミープルで得点を競う。道が途中で切れていると失点になるため、タイル配置にはパズル思考が求められる。

さらに広告を出して入場者を増やしたり、園の土地を広げたりすることもできる。ポップでカラフルなイラストと対照的に、集客や配置のレイアウト条件がジレンマを生み出す遊園地づくりゲームだ。

内容物:プレイヤーボード 4枚、駐車場ボード 1枚、敷地拡張タイル 4枚、追加入場口タイル 4枚、アトラクションタイル 69枚、サービス/広告タイル 32枚、バス 17枚、ミープル 124体、親マーカー 1個、ラウンドマーカー 1個、コイン 52枚、メイン入場口 4基(組み立て必要)、スコアシート 1冊、ルール説明書 1冊

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です