名所でシャッターチャンス『ズームインコウベ』7月30日発売

グループSNEは7月30日、『ズームインコウベ(Zoom in Kobe)』を発売する。ゲームデザイン・N.カセリャス&E.プハダス&J.ビラルタ、ディベロップ・安田均&西岡拓哉、イラスト・別府さい、2~6人用、8歳以上、30~60分、4400円(税込)。

クカフェラゲームズ(スペイン)が2019年に発売したバルセロナ観光レースゲーム『ズームインバロセロナ(Zoom in Barcelona)』の日本版。今度はバルセロナの姉妹都市神戸市が舞台となる。プレイヤーは神戸市内を周って有名観光スポット・ランドマーク・象徴的な建造物をカメラに収める。

手番には2マスまでの通常移動か、カードを使った高速移動を行い、移動先に対応するランドマークカードや景観トークンを獲得するか、手札を補充するか、電車に乗って他のエリアに移動する。ランドマークカードは早いもの勝ちなので、先を越されないようにしよう。

ゲームボード上に現れる神戸のシンボル的存在「風見鶏」を取ると特別アクションができるほか、タイトルにもなっている「ズーム機能」を使って少し離れたスポットからでもランドマークカードを獲得できる。

誰かが8枚のランドマークカードを獲得したらゲーム終了。ゲームごとに変わるコンテストのテーマと合致、およびトークンのセットコレクションで得点を競う。

ランドマーク75か所はすべて描き下ろしのイラスト。見応えのあるコンポーネントで白熱するゲームプレイと同時に観光気分も味わえる作品となっている。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です