ハリネズミは時計回りに(Hedgehog Go around Clockwise)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイスが揃うようにマンカラする

ダイスをグレードアップしつつ揃えて、注文を満たすセットコレクションゲーム。『ダイ公望』『地獄Queue部』などたくさんのダイスを使うゲームを発表してきたマーチヘアゲームズがゲームマーケット2021春で発売した。運の要素はかなり抑えられており、代わってマンカラのシステムを用いたパズル要素が強い。

集める素材(ダイス)は4色のカタツムリ(6面ダイス)、3色のカエル(10面ダイス)、1色のドラゴン(20面ダイス)。最初はカタツムリだけ、5枚ある保管庫に1個ずつ置かれている。

手番には保管庫の1つからダイスを取り出し、そのダイスを使って「新たな素材を加える」「注文を達成する」「振り直すか出目を変える」から2アクションを行う。納品カードには「黄色の4と5と6」などという指示があるが、最初はどの保管庫にもカタツムリダイスが1個しかないので、とりあえず無料のカタツムリダイスあたりから加えることになるだろう。

しかし2アクションが終わった後、手元のダイスはマンカラの要領で1個ずつ、別々の保管庫に戻さなくてはならない。せっかく集めてもここでばらばらになってしまうのである。しかしどの保管庫にどのダイスを置いていくかは選べるので、次の手番、次の次の手番には注文を達成できるようなセットが、どこかの保管庫にできあがる。

手番は2アクションしかないというのが効いていて、注文を達成するには、保管庫から取り出したときにすでにセットができているか、あと1個だけ追加すればセットになっていなければならない。それを逃すとダイスは再び分散することになる。

各注文は1枚ずつしかないため、ほかのプレイヤーに先を越されないように気をつけなければならない。ここにインタラクションが生まれる。しかも注文の難易度はどんどん上がっていき、最初は同色のカタツムリダイス3個などだったのが、そのうちカエルダイスやドラゴンダイスが必要になってくる。

注文を達成したときに、指定されたダイスを捨てなければならないので、そこからいかに早くリカバリーできるかがポイント。捨てなくてすむカエルダイスをうまく活用して、次の注文に備えよう。調整の難易度が高く、その分高得点の注文を達成できると気持ちいい。

ハリネズミは時計回りに
ゲームデザイン・ナカムラサトル/イラスト・タグチマミコ
マーチヘアゲームズ(2021年)
3~4人用/12歳以上/40~60分
通販:ボドゲーマ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です