『イーオンズ・エンド:終わりなき戦い』日本語版、7月29日発売

アークライトゲームズは7月29日、『イーオンズ・エンド:終わりなき戦い(Aeon’s End: War Eternal)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・K.リレイ、イラスト・S.グスタフソン&S.ハートマン&D.ソリス、1~4人用、14歳以上、60分、6380円(税別)。単体でも、『イーオンズ・エンド』と合わせてもプレイできる。

協力型デッキビルドゲーム『イーオンズ・エンド』の独立型拡張として、オリジナルは2017年(『イーオンズ・エンド』のオリジナルは2016年なのでその翌年)に発売された。破滅の危機に瀕した世界で、人類最後の拠点グレイヴホールドに残った魔術師は、世界を取り戻す戦いに臨む。

「プレイヤーのデッキをシャッフルしない」という特徴的なメカニクスはそのままで、新たなキャラクター8名、プレイヤーカード27種類、4体の「ネメシス」が登場し、戦略性の幅が広がる。さらにプロモパックとして、ネメシスカード9枚、サプライ構成カード3枚、カード仕切り板21枚も同梱されている。

内容物:トークン類 108個、プレイヤーカード 204枚、ネメシスカード 70枚、登場判定カード 27枚、早見表カード 4枚、ターン順カード 13枚、プレイヤーマット 8枚、ネメシスマット 4枚、破孔タイル 16枚、紋章破孔タイル 8枚、カード仕切り板 17枚、体力ダイヤル 2個、ルール説明書 1冊、初ゲームの手引 1枚、(プロモパック)ネメシスカード 9枚、サプライ構成カード 3枚、カード仕切り板 21枚(※カードサイズ:63.5 × 89mm)

 

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です