誰かが仕組んだ殺人事件の真相は?『迷宮推理』4月下旬一般発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

やのまんは4月下旬、裏切り者ありの推理ゲーム『迷宮推理』を発売する。ゲームデザイン・Shun & AYA(Studio GG)、イラスト・朝日川日和、3~5人用、12歳以上、30分、4620円(税込)。

山中の館で起こった殺人事件の犯人を探すゲーム。プレイヤーの中に犯人が紛れ込んでおり、夜の間に犯行を行う。昼になると全員で協力して館の中を捜索し、証拠を集めて自分たちの中に潜む犯人を見つけ出すことを目指す。

時間内に犯人の正体、凶器とトリックを暴き、事件の真相を解明できれば勝利、逆に隠匿しきれば犯人プレイヤーが勝利となる。数多くの凶器とトリックが用意されており、その組み合わせにより、事件の真相は毎ゲーム変わる。捜索者と犯人のどちらになっても、ミステリーの登場人物となった感覚を楽しめるだろう。

オリジナルはStudio GGがゲームマーケット2018秋に発表した『ミステリーホームズ』。同じくStudio GGの作品『グッズメイカー』をリメイクした『ファーム・ウィズ・ブラウニーズ』と同時期の発売となる。一般発売に伴って凶器やトリックを追加しシナリオを加えたほか、他のプレイヤーに気づかれずに犯行時タイルの配置がしやすいボックスを採用し、プレイアビリティーが向上している。

内容物:メインボード 1枚、カード類(22種類)25枚、タイルシート 1枚、セパレーター 2枚、ボックスシート 2枚、プレイヤーシート 5枚、犯行計画メモ 1冊、捜査記録ノート 1冊、犯罪ファイル 1セット、マーカー類 10個、説明書 1部

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です