暗闇の世界をダイスで旅する『グロウ~トモシビノタビ~』日本語版、5月中旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは5月中旬、『グロウ~トモシビノタビ~(Glow)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:C.シャブシ、アートワーク・B.バッソ&V.デュトレイ、2~4人用、10歳以上、45分、4500円(税別)。

オリジナルはボンビクス社(フランス)から同時発売される作品。ゲームデザイナーは『ルイス・クラーク探検隊』『ディスカバリーズ:ルイス・クラークの足跡』『2人でお茶を』のシャブシ。暗闇に染まった世界で、光のかけらを集めるダイス&カードドラフトゲーム。

プレイヤーはゲーム中の8日間(8ラウンド)に渡って旅を行い、仲間を集めて自分のパーティーを編成する。仲間のアビリティは各エレメント(元素)と連動しており、これを自分のダイスの出目で発動させることで”光のカケラ”を集めることができる。

各プレイヤー最初のキャラクターカードをもってスタート。仲間によって振るダイスの色や個数が異なる。毎ラウンド、ダイスとキャラクターカードのセットをドラフトし、パーティーに加える。次にダイスを振って出た目で仲間の能力を発動させたり、ボード上を移動したりする。

得点はキャラクターの能力で”光のカケラ”を見出したり、移動先に家を建てたりすることで入る。使われたダイスは出目ごとに分けられ、次のラウンドでドラフト対象となる。8ラウンド終了後に、キャラクターやトークンの最終決算を行って勝敗を決める。

ダイスは得点やトークンを支払って振り直しもできるが、狙い通りになるとは限らない。寂しい白黒基調のコンポーネントと、カラフルなスペシャルダイスの対比が印象的な作品だ。

内容物:ボード(大)1枚、ボード(小)1枚、ダイス 30個、カード 53枚、厚紙製トークン 96個、木製トークン 41個、ルールブック 1部

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です