『テオティワカン:拡大の時代』日本語版、3月13日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

テンデイズゲームズは3月13日、『テオティワカン:拡大の時代(Teotihuacan: Expansion Period)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.タッシーニ&D.トゥルツィ、イラスト・A.コペラ&P.ワチ&O.スタモグロウ、1~4人用、12歳以上、90~120分、5200円(税別)。プレイするためには基本セット『テオティワカン:シティオブゴッズ』が必要。

「ツォルキン三部作」の2タイトル目に位置づけられるゲーマーズゲーム『テオティワカン』の拡張セット第2弾(第1弾『後期先古典期』は2019年に発売)。第1弾と同様、いくつかの拡張ルールが入っており、モジュール式で組み合わせてプレイできる。

追加できるモジュールは、より強力な資源「黒曜石」、新たな選択肢をもたらすアクションボード「邸宅」、アクションボード間に追加される強力な要素「祭壇とシャーマン」、帝国が征服を行いさまざまな利益をもたらす「帝国の拡大」、より柔軟な動きが出来るようになる「テオティボット」など。それ以外にも発見タイルなど追加コンポーネントがあり、より深く遊べるようになっている。

オリジナル発売元のボード&ダイス社は、作者のひとりであるタッシーニ氏の人種差別発言を受けて制作打ち切りを発表しており、これが同社から発売されるタッシーニ氏の最後の作品になるかもしれない。

テンデイズゲームズ:テオティワカン:拡大の時代 日本語版

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です