ゲストを並べて写真撮影『パーフェクト・モーメント』日本語版、拡張と共に4月2日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンビルは4月2日、『パーフェクト・モーメント(Der Perfekte Moment)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ヌヴォー、イラスト・R.リボール&G.ポズゲイ&S.メディング&M.ヴルゾセク、2~4人用、10歳以上、45分、5600円(税別)。先行発売はウェブ予約(下記リンク)とゲームマーケット2021大阪にて。

パーティーに集まった14人のキャラクターのひそかな希望をできるだけ叶えるように、コマの配置をアレンジして写真を撮るゲーム。デザイナーはフランス人で、オリジナルはコラクスゲームズ(ドイツ)から2020年に発売された。ひそかな希望は封筒に入っており、プレイヤー同士で交換しながら情報収集していく。

14人のキャラクターのうち各プレイヤー3人ずつ(4人プレイの場合)、希望を知っている状態でスタート。各キャラクターには「テーブル際がいい」「男の人のとなりは嫌」「〇〇の顔が写らないように邪魔したい」など希望が3つずつあり、多く満たすほど得点(1つも満たせないと失点)になる。

各自ついたての手前にパーティー会場を模したテーブルを置き、最初に配られたキャラクターの希望を確認してキャラクターを配置する。一応の配置が終わったら、指示カードに従って他のプレイヤーと封筒を交換し(上級ルールではオークション)、キャラクターを追加・再配置していく。

規定ラウンド終了後に、各自スマホなどで写真撮影し、希望がかなっているかをチェックして総合得点を競う。

他のプレイヤーに渡した封筒はもう見られないため、記憶の要素もある。また写真撮影ではちょっとした角度で得点が変わることもあり、『フォトムズ』のような撮影テクニックも求められる。

新しいキャラクターを加える「銀幕のスター達拡張セット」、6人まで遊べるようになる「5~6人プレイ用拡張セット」、よりリアルに楽しめる「アクリルミニチュアセット(2人分)」も同時発売される。それぞれ2800円、2800円、1300円(税別)。

ケンビル:パーフェクト・モーメント 日本語版
同:銀幕のスター達拡張セット
同:5~6人プレイ用拡張セット
同:アクリルミニチュアセット


(写真はドイツ語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です