条件分岐で移動プログラム『ロジックロボット』3月24日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンソウは3月24日、『ロジックロボット(Logic Robot)』を発売する。ゲームデザイン・VITA&バンソウ&北原博隆、2~4人用、10歳以上、20分、3000円(税別)。

ロボットエンジニアになって、危険地帯に侵入するロボットをプログラミングし、誰よりも早くオメガライトの入手を目指す移動プログラミングゲーム。プロットした順番に解決していくのではなく、特定の条件が満たされると次のプログラムが動く「条件分岐(if文)」がポイントとなっている。

危険地帯のマップを見てプログラムカードを並べ、実際にロボットを動かす。途中には溶岩や落とし穴などの障害物は、その障害物に当たると発動するプログラムで回避できる。最初にオメガライトにたどり着いたロボットの勝利。

プログラム選択ではプレイヤー間の駆け引きがあり、移動はダイスで行うので、想定しなかったハプニングも楽しめる。レベル別に複数のマップがあり、地形に応じて役に立つプログラムも変わる。さらに自由にマップを作って遊ぶこともできる。

内容物:フィールドボード 3枚、プログラミングボード 4枚、ロボットコマ 4個、IFカード 12枚、THENカード 12枚、サイコロ 1個、落とし穴チップ 4枚、溶岩チップ 4枚、壁スタンド 6枚、オメガライトチップ 1枚

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です