ドラフト&ライトで名所巡り『ブーメラン・オーストラリア』日本語版、4月下旬発売

アソビションは4月下旬、『ブーメラン・オーストラリア(Boomerang: Australia)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.アルムズ、イラスト・K.エートケン、2~4人用、8歳以上、15~30分、1980円(税込)。ゲームマーケット大阪で先行発売される。

オリジナルはグレイルゲームズ(オーストラリア)から2018年に発売された作品。アメリカ版、ヨーロッパ版も発売されている。オーストラリアの名所を回って思い出を作るドラフト&ライトゲームだ。

毎ラウンド、手札から1枚ずつカードを取って残りを隣の人に渡す「同時ピックアップドラフト」を行う。欲しいカードと取るか、次の人が取っては困るカードを取るかよく考えて選ぼう。

ドラフトが終わったら、獲得したカードのエリアやアイコンをシートに記入する。4ラウンドで記入したものを集計し、得点の合計を競う。

得点パターンはさまざまで、最初にドラフトカードしたカードと最後に来たカードの番号の差分、訪れたエリア、集めたお土産、動物のペア、ハイキングや写真撮影などの活動が得点になる。セットコレクションで、どれが一番得点が高いかを考えてドラフトすることになるだろう。


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です