フジの新番組「VS魂」で『チャオチャオ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

フジテレビ系列で1月3日18時から3時間生放送された『VS魂』で、『チャオチャオ』をアレンジした嘘つきすごろく「DAMASHI魂」がプレイされ、木村拓哉氏が優勝した。

『チャオチャオ(Ciao, Ciao…)』はアメリカ人ゲームデザイナー・故アレックス・ランドルフの作品で初版は1997年にドイツで発売された。日本語版は2013年にメビウスゲームズから発売され、同年に日本ボードゲーム大賞(選考部門)を受賞している。番組内ではMCの相葉雅紀氏が「よく遊んでいる」とも。

番組では「『チャオチャオ』を元に番組オリジナルのルールにアレンジ」と断った上で、手持ちのコマを7個から5個へ、勝利条件をゴールに3個から2個へ減らしてプレイ時間を短縮。ダイスの出目が数字だった場合は正直に申告しなければならなくなり(オリジナルは1が出ても4などと言ってよい)、ダウトの宣言はボタンを使うことで盛り上がりどころをクローズアップした。

『VS魂』は昨年で終了した人気ゲーム番組『VS嵐』の後継として今年からスタート。『VS嵐』ではアクションゲーム・スポーツゲームが多かったが、今後このような頭脳ゲームも取り入れられるかもしれない。「DAMASHI魂」は予選4ゲームで勝者はそれぞれ志田未来、設楽統、平野紫耀、木村拓哉の4氏。決勝で木村拓哉氏が優勝し、初代王者となった。

『チャオチャオ』は番組の影響もあって品薄となり、価格が高騰しているが版元のメビウスゲームズによれば今月末か来月に再入荷予定だという。

VS魂:DAMASHI魂

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です