鈴木銀一郎氏逝去、『モンスターメーカー』のデザイナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初のゲームデザイナーとして知られる鈴木銀一郎氏が本日、86歳で逝去したことを、ご子息で同じくゲームデザイナーのの鈴木一也氏が明らかにした。享年86歳。

1934年・東京上野出身。百科事典の編集者を経て1981年、ウォーゲームのデザイナー集団「レックカンパニー」を設立。エポック社と協力し「ワールドウォーゲームシリーズ」30タイトルをリリースする。1984年には有限会社翔企画を設立。1988年に大ヒット作『モンスターメーカー』を生み出し、カードゲームブームを巻き起こした。2012年に設立された翔エンタープライズでは最高顧問を務め、『ウルフレンド・クエスト』『シカゴ』『LONG SHOT競馬マフィア』『ユー・クライ・ウルフ 狼が来た!!』『セブンミッションズ』などの単独デザイン作品を精力的に発表してきた。

ゲームデザインだけでなく、『モンスターメーカー』から派生した『ドラゴンライダー』、任天堂のコンピュータゲームをノベライズした『ファイヤーエムブレム』シリーズなど著述でも活躍。将棋三段、囲碁五段の腕前を持つアナログゲーム一筋の人生を歩んだ。2013年に刊行された『ボードゲームワールド』では、一番好きなボードゲームはM.ウォレスの『オートモービル』と答えている。

告別式は1月9日12時半より東京・文京区の本法寺にて近親者のみで行われる。謹んでご冥福をお祈り致します。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です