書籍『西洋アンティーク・ボードゲーム』1月21日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経ナショナルジオグラフィック社は1月21日、書籍『西洋アンティーク・ボードゲーム』を発売する。著・エイドリアン・セビル、翻訳・鍋倉僚介、208ページ、2700円(税別)。

ボードゲーム史研究家の著者が集めた89種類の「西洋版すごろく」を紹介する図録”Vintage Board Games: A Journey Through Games of the Nineteenth Century“を翻訳。中世に遡る起源をもつ『がちょうのゲーム』に、観光旅行・レジャー・学習・道徳・広告・プロパガンダ・風刺といったさまざまなテーマで作られた西洋版すごろくを通して、19世紀ヨーロッパの世相・流行・社会問題が見えてくる。

章立ては「がちょうのゲーム」「ふくろうのゲームとギャンブルゲーム」「教育的ゲーム」「道徳と宗教」「世界を旅する」「戦闘・包囲戦・一騎討」「スポーツとレジャー」「風刺と抗議」「広告と宣伝」「米国へ渡ったボードゲーム」。100年以上前のボードゲームのグラフィックはどのようなものであったか、解説入りで楽しむことができる。

精巧な彫刻と手彩色が施されたゲームの中には希少なゲームも含まれていて資料性も高い。ゲームがどのようにして世界を映し取ったのかを解き明かすことで、現代にも通じるボードゲームと社会の関わりが見えてくるだろう。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です