ワーカープレイスメント+デッキビルド『アルナックの失われし遺跡』日本語版、2月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは2月下旬、『アルナックの失われし遺跡(Lost Ruins of Arnak)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・ミン&エルウェン、イラスト・J.クス&O.フルディナ&J.ポリツァー&F.セドラツェク&M.バブロン、1~4人用、12歳以上、プレイ人数×30分、7000円(税別)。

昨秋のシュピールデジタルでチェコゲームズ出版(チェコ)から発表されたワーカープレイスメント+デッキビルドの冒険ボードゲーム。チェコゲームズ出版に勤める夫婦デザイナーのデビュー作品で、スカウトアクション(オンライン)で9位につけた。未知の無人島アルナックで、守護者に立ち向かい、島の秘密を手に入れよう。

プレイヤーは島を探検する考古学者の一団として島に上陸し、新たな場所を発見して発掘・研究し、守護者を撃退するなどのアクションで勝利を目指す。

アクションはワーカーをその場所に配置するだけでなく、コストをしてカードを支払って実行し、さらにカードプレイで追加の効果を得られる。ゲーム開始時のカードの内容は各プレイヤー共通だが、新たなカードを購入して自分のデッキを強化することができる。

島を探索するにつれて新しいアクションができるようになり、中にはワーカーでなくリソースが必要となるものも出てくる。限られたワーカーやリソースをどのアクションに振り分けるか、他のプレイヤーに先を越されないように考えなければならない。セットアップはゲームごとに異なり、その都度新しい戦略が試されるゲーマーズゲームだ。

内容物:メインボード(両面印刷)1枚、サプライボード(両面印刷)1枚、プレイヤーボード(両面印刷)4枚、カード 110枚、木製の考古学者コマ 8個、木製の研究トークン 8個、タイル類 131枚、紙製トークン 54個、プラスチック製トークン 37個、開始プレイヤーマーカー 1つ、月の杖(紙製)1つ、早見表シート 4枚、ルールブック

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です