デッキ+エンジンビルド『アクアティカ』『同拡張:氷海』日本語版、1月25日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数寄ゲームズは1月25日、『アクアティカ(Aquatica)』『同拡張:氷海(Cold Waters)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・I.トゥゾフスキ、イラスト・I.クズミナ&A.モデストフ&O.プロシン&A.バレニェフ&M.ザキロフ、1~4人用(拡張を入れて5人まで)、12歳以上、30~60分、それぞれ5400円と3200円(税別)。

オリジナルはコスモドロームゲームズ(ロシア)から2019年、2020年に発売された。海底の王国の王様となって繁栄を競うエンジンビルドゲーム。

各自の6枚の初期手札と、リソースやフリーアクションになるマンタ(エイ)コマを持ってゲームを始める。手番には手札から「シーフォーク」カードを1枚プレイしてその効果を実行する。使った手札は捨札となるが、捨札を全て手札に回収できるキャラクターによって「アクションの回復」メカニクスが取られている。

カードの効果により、未知の土地カードを武力による支配したり、コインによって購入したりして、リソースやフリーアクションを獲得。所有する土地カードはプレイヤーボードに差し込まれ、「上昇」させることによって見えるアイコンが増えて新しいリソースなどが得られるというかたちでエンジンビルドを実現している。

初期手札の中に固有の能力をもつ「海の王」があり、プレイヤーによって異なるため戦略もそれぞれ変わる。さらに土地カードから得られるリソースで「シーフォーク」を雇い、自分の戦略に合わせてデッキを構築していく。デッキが増えればアクションの幅が広がるとともに、アクションの回復まで余裕が生まれるだろう。

こうしてゲーム開始時に提示される4つの目標を誰かが達成するか、山札がなくなったらゲーム終了。所有する土地カードや目標の達成による繁栄ポイントを合計して勝者を決める。デッキとプレイヤーボードをうまく構築して、海底の覇者になるのは誰か?

拡張セット「氷海」を加えることで5人まで遊べ、また新しいメカニクス「部族」を加えてプレイすることができる。

数寄ゲームズ:アクアティカ日本語版
数寄ゲームズ:アクアティカ:氷海日本語版


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です