異種格闘ゲーム『アンマッチド:バトル・オブ・レジェンド Vol.1』12月下旬発売

ホビージャパンは12月下旬、『アンマッチド:バトル・オブ・レジェンド Vol.1(Unmatched: Battle of Legends, Volume One)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:ロブ・ダヴィオー、イラスト・O.バーレット、2~4人用、9歳以上、30分、4500円(税別)。

レストレーションゲームズ(アメリカ)が2019年にリリースし、シリーズ化されている作品。通常会うことのようなキャラクターが英雄独自のカードデッキと特殊能力を駆使して戦う。

アーサー王、シンドバッド、アリス、メデューサの4人の戦士がフィギュア付きで入っており、固有のカードデッキで戦う。盤上を移動し、カードをプレイして他プレイヤーに攻撃、相手もカードで防御する。スピーディーな展開だが、カードの効果やタイミングがプレイヤーごとに異なり、手札の状況や使用されたカード、位置取り、相手の能力などにより、選択を慎重に行わなくてはならない。

攻撃できる範囲はライン・オブ・サイト(視界)で制限されているが、カードによってエリア効果やレンジ攻撃ができる。さらにゲームボードの面を変えることによっても戦略が変わる。英語版はすでに7タイトルが発売されており、多種多様なキャラクターやサイドキックを追加することもできる。

内容物:英雄ミニチュア 4個、相棒トークン 6個、ヒットポイントカウンター 7個、カード 124枚、両面ゲームボード 1枚、サイズトークン 1個、ルール 1部


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です