『ハンザ・テウトニカ BIG BOX』日本語版、1月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは1月上旬、『ハンザ・テウトニカ BIG BOX(Hansa Teutonica Big Box)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.シュテディンク、、3~5人用、12歳以上、45~90分、6500円(税別)。

2009年にアルゲントゥム出版(ドイツ)から発売された交易ゲームに、拡張ゲームマップ「東欧」「ブリタニア」、拡張セット『皇帝の恩恵』を加えてコンプリートセット。オリジナルは今年ペガサスシュピーレから発売された。中世のドイツ北部を中心に栄えた都市同盟「ハンザ同盟」の中で、商人となって名声を競う。

ゲームはアクションポイント制によるルートビルディングで、手下のコマを道に置き、道がいっぱいになったらその両脇の都市のどちらかに交易所を建てたり、そこに落ちているチップを獲得したり、新しい交易能力を獲得したりする。手下のコマはどこにでも置くことができ、ほかプレイヤーを妨害したり、追い出されたときの補償をもらったりする。

交易能力は5種類あり、盤上の都市でレベルを上げることができる。商館ネットワークの価値を上げる「鍵」、アクションポイントを増やす「手紙」、商館を建てられる場所を増やす「地位」、手下の移動を増やすほか、上級の手下が手に入る「本」、手下の補充を増やす「巾着袋」がある。どれも疎かにできないし、最高レベルまで上げれば得点にもなるが、交易所が疎かにならないよう注意が必要だ。

能力はプレイヤーボードで管理される。成長して今までできなかったことができるようになる楽しみと、盤上で繰り広げられるルートビルディングのインタラクションで、発売10年以上経っても色褪せない作品。拡張セットも入れて末永く遊び続けられるだろう。

内容物:ゲームボード 3枚、プレイヤーボード 5枚、タイル 21枚、カード 9枚、木製マーカー 156個、得点記録用紙 1冊、ルールブック 1冊

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です