アンドール世界のタワーアタック『リートブルク攻城戦』日本語版、11月19日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ruetburgJ.jpgアークライトゲームズは11月19日、『アンドールの伝説:リートブルク攻城戦(Die Befreiung der Rietburg)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・G.ヘヒト、イラスト・M.メンツェル、2~4人用、10歳以上、40分、3600円(税別)。拡張セットではなく、単独でプレイできる。
『アンドールの伝説』の世界観でプレイする協力ゲーム。デザイナーは『アンドールの伝説CG 災いの島の冒険』も担当したヘヒトで、オリジナルはコスモス社(ドイツ)が2019年秋に発売した。ゴルやスクラルに占領されてしまったリートブルク城を英雄たちが奪還することを目指す。
プレイヤーはそれぞれ特殊な能力を持つ英雄を受け持ち、アイテムや仲間を見つけ、6つの試練のうち4つを達成して、城を解放しなければならない。その前に黒竜タロスが到達してしまえば、全員の敗北となる。
物語の幕間を埋め、『アンドールの伝説』のクライマックスを新たな角度から再体験できる作品。物語カードの流れにより、城のどこを攻められるのかなど毎回違う展開が楽しめる。
内容物:城ボード 1枚、小さなカード 120枚、勇者コマ(コマ立て付属) 6個、意志力トークン 18枚、矢筒 16本、魔術書 6冊、クラムの斧 1本、水の精ファラ 1体、ルールブック 1冊
rietburgJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です