蝶々たちの大移動『マリポーサ』日本語版、11月19日発売

mariposasJ.jpgアークライトゲームズは11月19日、『マリポーサ(Mariposas)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.ハーグレーブ、イラスト・I.マーヴェリック&M.パケット、2~5人用、14歳以上、45~75分、5800円(税別)
『ウイングスパン』のE.ハーグレーブがデザインし、AEG社(アメリカ)から今夏発売された作品。タイトルはスペイン語で「蝶々」の意味。北アメリカ大陸をメキシコからカリフォルニアまで行き来する「渡り蝶」オオカバマダラの壮大な旅を描く。
ゲームは春、夏、秋の3つの季節にわたって行われ、季節の終了時に得点計算がある。手番には手札のアクションカードをプレイして自分の色のチョウ駒をさせ、止まったマスによって花を集めたり、繁殖したり、生活史カードを獲得して特殊能力を得たりすることができる。
季節の終わりには予め公開されていた目標にそって勝利点が入り、秋が終わったら最終得点計算を行って勝者を決める。目標は全員共通で、チョウ駒の位置や数、集めた花などで入るため、激しい争奪戦が繰り広げられることになるだろう。
内容物:チョウ駒 50個、季節目的カード 20枚、花ダイス 1個、花トークン 120枚、勝利点マーカー 5個、保護区トークン 16枚、地図ボード 1枚、保護区ボード 1枚、能力タイル 6枚、アクションカード 36枚、生活史カード 60枚、ボーナス移動カード 15枚、ルール説明書 1冊
mariposasJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です