飛行プロットで蜜集め『花とミツバチ』日本語版、11月上旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

beezJ.jpgホビージャパンは11月上旬、『花とミツバチ(Beez)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ハルスタッド、イラスト・C.クイリアムス、2~4人用、8歳以上、30~45分、5600円(税別)。
『アズール』3部作で大成功を収めたプランB/ネクストムーブゲームズ(カナダ)の夏新作。ミツバチの飛行計画をプロットして、たくさんのハチミツを集めることを目指す。
六角形マスを組み合わせ、色とりどりの花があるモジュラーボードの中央からミツバチはスタートする。台座を回して方向と進むマス数を決め、一斉にオープン。移動先に花の蜜コマがまだあったら獲得できる。
獲得した花の蜜コマは自分の蜂の巣ボードに配置し、揃えることで得点になる。またゲームの最初に2枚選んだ目的カードに沿って終了時に得点が加算され、最も得点の多いプレイヤーが勝利する。
効率よく花の蜜を集めるに、どの花からどの花へ飛べばいいのか、また高得点を獲得するには、花の蜜コマを蜂の巣にどのように収納するかいいのか、可愛い蜂のコマとお花畑とは裏腹に、悩みどころの多い作品だ。
内容物:蜂の巣ボード 4枚、台座付の蜂 4匹、プレイヤーマーカー 4個、花タイル 15枚、葉タイル 5枚、スタートタイル 1枚、小さな花の蜜 45個、大きな花の蜜 10個、目的カード 18枚、付録 1枚、ルールブック 1部、得点用紙 1冊
beezJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です