微妙な目盛りを当てよう『ウェーブレングス』日本語版、10月下旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

wavelengthJ.jpgホビージャパンは10月下旬、チーム戦のコミュニケーションゲーム『ウェーブレングス(Wavelength)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ&A.ハーグ&J.ヴィッカーズ、アートワーク・アートワーク・N.N.フヴァス&S.ハンニバル、2~12人用、14歳以上、30~45分、4500円(税別)。
『ザ・マインド』のヴァルシュらがデザインし、パルムコート(アメリカ)から昨年発売された。ドイツ語版は「パーフェクトマッチ(Perfect Match)」というタイトルでシュミット社から出ている。「波長」という意味のタイトルで、チームに分かれて、波長デバイス上の隠された目盛の位置を、ヒントを言って自チームのメンバーに当てさせる。
2つのチームに分かれ、チームの1人がサイキックとなり、スクリーンの後に隠れたターゲットの位置を、チームメイトに当てさせることを目指す。
現在のラウンドの波長カードに表示されている、2つの相反するコンセプト(「熱い:冷たい」)について、その位置にふさわしい度合いの言葉(「溶岩」「熱湯」「焼き芋」「体温」「氷」「ドライアイス」)をヒントとしてチームメイトに言う。チームメイトはターゲットがどこにあるかを予想し、的中すれば得点。また、その間に相手チームも推測して、的中すると得点でき、先に10点を獲得したチームが勝利となる。
ルールは直感的で、会話をし、共に考え喜び合う、スリリングなコミュニケーションゲーム。正解した時には、不可能な魔法を力を合わせて実現したような達成感が得られる。またワードゲームとしても、決定が緊張を与え、戦略的で、その意味の奥深さが楽しめる。箱にデバイスをセットするコンポーネントも見ものだ。
内容物:デバイス1台、推測トークン、得点トークン、波長カード126枚(基本カード84枚、ボーナスカード42枚)、ゲームのルール
wavelengthJ2.jpg
(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です