独年間キッズゲーム大賞『スピーディロール』日本語版、10月下旬発売

speedyrollJ.jpgホビージャパンは10月下旬、ボールを転がすアクションゲーム『スピーディロール』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.シュリンスカス、イラスト・I.ペチェンキナ、1~4人用、4歳以上、20分、3000円(税別)。

リトアニアのデザイナーがデザインし、ライフスタイル社(ロシア)から2019年に発売された。同年、ドイツ語版がピアトニク社(オーストリア)から出版され、6月に発表されたドイツ年間キッズゲーム大賞を受賞している。

毛玉ボール(ハリネズミ)を転がして、マジックテープの付いたキノコや木の葉やリンゴなどの森の恵みを集める。集めたチップを使ってハリネズミコマを進めるが、マスに指示されたものをもっていなければならない。必要なものをうまく集めて、ハリネズミを早くお家に帰そう。

どこからどれくらいのスピードで転がせば狙ったチップを集められるか、器用さと運が試される。ゲームボードは組み合わせを変えることができ、プレイヤー同士で競う競争モードと、ずる賢いキツネと競争する協力モードを選べる。

『ピクチャーズ』『ザ・クルー』に続き、これで今年のドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間キッズゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞は全て日本語版が発売されることになった。ドイツ年間キッズゲーム大賞の日本語版は『アイスクール』『きらめく財宝』『バイキングの谷』に続いて4年連続。

内容物:ハリネズミボール 1つ、ハリネズミの顔トークン 1枚、ハリネズミ駒 4個、キツネ駒 1個、ゲームボード 7枚、森の恵みトークン 18枚、ルールブック

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です