アークライトから「ミステリーポータブルシリーズ」3タイトル、10月29日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは10月29日、「ミステリーポータブルシリーズ」として3タイトルを発売する。ミステリーをテーマにした体験型ゲームで、カードを使用した謎解きや、マーダーミステリーなど、基本的に一度しか体験できないゲームをお手頃な価格でリリースしていく。
kietapantsu.jpg第1弾はマーダーミステリーゲーム『消えたパンツと空飛ぶサカナ』。ある朝、シェアハウスで暮らす春魚サワラはお気に入りの下着がなくなっていることに気付く。もしかしたら誰かが盗んだのかも!? 住人を呼び出し下着の行方を追いますが、事件は意外な方向に進み……? 物語の登場人物になりきり、犯人を推理する(犯人は逃げ切る)ことを目指す。ゲームデザイン・かわぐちまさし(ディアシュピール)、5人用、15歳以上、60分、2000円(税別)。
デザインを手掛けたかわぐちまさし氏は東中野のボードゲームカフェ「ディアシュピール」店主で、国内外のマーダーミステリー作品を早い段階から上演している。
内容物:封筒A(シナリオブック×5、カード×20、遊び方説明書×1)、封筒B(シナリオブック×5、カード×14、回答用紙×5、遊び方説明書×1)、封筒C(真相・目的確認書×1)
kietapantsu2.jpg
shironekowa.jpg第2弾は協力型推理ゲーム『白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~』。猫の言葉が分かるという特技を活かし、猫捜しを主とした探偵業を始めた寝古屋さん。彼と調査対象の会話が、30枚のカードに書かれている。この情報をヒントに、迷子の白猫の居場所を見つけよう。カードをめくるだけのルールで、会話も楽しめる推理ゲームだ。ゲームデザイン・秋山真琴、イラスト・雛川まつり、1~5人用、10歳以上、45分、2000円(税別)。
デザイン担当の秋山真琴氏はボードゲームサークル「ミスボド」主催で、ゲームマーケット大賞の審査員も務めた。ブログ「雲上四季」では謎解きやボードゲームを数多くレポートしている。
内容物:情報カード 30枚、遊び方説明書 1冊、封筒(エンディングの書封入)1通
shironekowa2.jpg
insmasukara.jpg第3弾はクトゥルフ神話がテーマの推理ゲーム『インスマスから届いた手紙』。呪われた町インスマスで恐ろしい体験をした過去を持つ5人の男女。彼らが忘れてしまった子供の頃の記憶が、30枚のカードに断片的に書かれている。この情報をヒントに、プレイヤー全員で呪われた子供の正体を解き明かす。ゲームデザイン・内山靖二郎(ルール原案・秋山真琴)、イラスト・ノッツォ、1~5人用、10歳以上、45分、2000円(税別)。
内山靖二郎氏はライトノベル作家で、クトゥルフ神話TRPGのシナリオやリプレイも発表している。
内容物:情報カード 30枚、封筒 1通、遊び方説明書 1冊、アフターストーリーブック 1冊
insmasukara2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です