次にいう数は?『七人の探偵』日本語版、8月6日発売

diefiesen7.jpgアークライトゲームズは8月6日、カードゲーム『七人の探偵(Die fiesen 7)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.ゼメ、イラスト・亀川秀樹、2~6人用、8歳以上、15~25分、1800円(税別)。
オリジナルは2015年、夕日のドライハーゼン(ドイツ)から発売された。輸入版は「7人のマフィア」「えげつな7(セブン)」のタイトルで流通していた。このたびはイラストを一新し、マフィアから探偵に変更しての発売となる。
カードを出すたびに指定されたリアクションをして、間違えないようにカウントアップ(カウントダウン)するリアクションゲーム。
プレイヤーは順番に1枚引いて共通の捨て場に公開。カードのイラストには全て効果があり、数を言う、特別なセリフを言う、無言で過ごすなど、取るべきリアクションを行う。その間に1から7までカウントアップし、7から1までカウントダウンする。
カウント以外でも数字は進めなければならず、「1!」「ゴホン」「3!」「4!」「……」「6!」というようになかなかややこしい。さらにカードに2人いれば2回カウントしなければならない。間違えたらペナルティとして、その時点での捨て場のカードをすべて受け取り、最初に自分の山をなくしたプレイヤーが勝利する。 
一回のミスで逆転するかもしれないシチュエーションで一瞬も油断はできず、スリルのあるゲームが楽しめる。さあ、次にへまをやらかすのは一体誰だ?
内容物:カード 110枚、ルール説明書 1枚(※カードサイズ:56mm×87mm)
diefiesen72.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です