Posted in

西フランク王国の建築家(Architects of the West Kingdom)

ワーカーが帰ってこない 843年、カロリング朝フランク王国がヴェルダン条約によって中・東・西に3分割され、ルートヴィヒ1世の3人の息子たちが相続することになった。そのうち西フランク王国を統治した禿頭王シャルル2世(823-877)のもと、大聖堂とさまざまな建物を建築するゲームである。『レイダーズ・オ…

続きを読む 西フランク王国の建築家(Architects of the West Kingdom)