シュピール’19:プレビューナイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

エッセンシュピールでは今年初めて、新作の体験会「プレビューナイト」が開かれた。ゲームマーケット開幕の前夜に、協賛する出版社が新作を持ち寄り、午後6時から夜中の1時まで好きなだけ遊べるというもの。年々新作も来場者も増える現状、混雑する会場内で遊べるボードゲームはそれほど多くない。その中でこのようなイベントへの需要が増しているのだろう。食事もつかない有料イベントだったにも関わらず、多くの参加者で賑わった。
その中で遊べたゲームは、軽いゲームを中心に6タイトル。
spiel19-previewnight.jpg
キッチンラッシュ(Kitchen Rush/D.トゥルツィ&V.バリアルタキス/ペガサス)
アーティピアゲームズ(ギリシャ)が2017年に発売した同タイトルの作品をペガサス社がリメイク。プレイヤーが分担して料理を作り、制限時間(4~5分)内にお客さんに提供する協力ゲームである。アクションは砂時計で管理され、砂が落ちきらないと次のアクションに移れない。その砂時計を1人2本もち、注文を取り、食材を揃え、調理場で料理する。慣れるにつれて調味料を取ってきたり、皿洗いをしたりといった仕事が増える。
kitchenrush.jpg
多重塔(Tajuto/R.クニツィア/アバクスシュピーレ)
クニツィアの日本ゲーム。袋からパーツを取って六重の塔を積み上げていく。パーツを置くたびに瞑想ポイントが得られ、その瞑想ポイントで追加アクションを行ったり、タイルを購入してアクションや得点を増やしていく。ゲームの中心は袋からパーツを取るところで、六重の塔は大きい順に積み上げなければならないため、瞑想ポイントが高い小さいパーツほど失敗するリスクが高い。くじ引きのような感じだが、1つはキープしておけるので少し先を見越した行動もできる。
tajuto.jpg
ハウスフリッパーズ(House Flippers/J.ビットナー&A.セドタル/スィットダウン)
『マジックメイズ』のスィットダウン社による砂時計を使ったスピードゲーム。砂時計が落ちるたびに手に入る資材を使ってカードを手に入れ、そのカードに描かれた資材でさらに上級のカードを手に入れていく。こうしてレジャーを規定枚数、手に入れたら勝利。砂時計はどんどん増えていき、落ちるたびにすかさず逆さまにしていくため、ほかのプレイヤーのことなどかまっていられないくらい夢中になるゲームである。
houseflippers.jpg
アートボックス(Artbox/A.リス/ラヴカゲームズ)
お題を4つのダイスで指示された△□○/で表現するお絵描きゲーム。みんなが描き終わったらランダムに並べ、皆からお題カードを集めダミーを追加してシャッフルし、どの絵がどのお題かを当てる。『ぽんこつペイント』よりもさらに不自由だが、慣れるにつれて意外と伝わる絵が描けるものである。
artbox.jpg
アウトバック・クロッシング(Outback Crossing、ミュッケシュピーレ)
オーストラリアの動物タイルを袋から引いてボード上に並べ、得点が高い列の所有権を争うタイル配置ゲーム。自分が所有権コマを置いた列に、同じ動物がたくさんいるか、全部違う動物ならば得点になる。タイルの位置を交換したり、所有権コマを移動したりできるアクションタイルが結構入っていて逆転要素が多い。得点の高いタスマニアデビルの行方が勝敗を分ける。
outbackcrossing.jpg
アヌビックス(Anubixx/F&H.オルトレップ/NSV)
ダイスを振って出た色の石に印をつけ、ピラミッドやオベリスクを建設するロール&ライトゲーム。4つのダイスから親が2つまで選び、残りをほかのプレイヤーが使える。色が合わなければ石切場から取ってくることもできるが、石切り場では石の色に制約がある上に、使えば使うほど得点が減るので悩ましい。
anubixx.jpg
25時発で中央駅に行くシャトルバスもあったが、そんなに遅くまで遊んでいてはさすがに翌日に響くので地下鉄の終電で帰宅。明日からが本番だ。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です