シュピール’19:閉幕(来場者数記録、スカウトアクション、カルカソンヌ世界選手権)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ・エッセンで10月24~28日にかけて開かれたメッセ「シュピール’19」について、主催のフリードヘルム・メルツ社は来場者が209,000人(前年比+19,000人)と予想を超えて新記録となったことを発表した。出展者1200団体(前年比+50)、新作タイトル数1500(前年比+100)、会場面積86000㎡(前年比+6000)と共にとどまるところを知らない勢いだ。
spiel19-end.jpg
急増する来場者を受けて、朝の入口をこれまでの南口ではなく中央口に変更。使用しない7番ホールを入場待機場とした(写真:フリードヘルム・メルツ社)
ボードゲーム専門誌『フェアプレイ』が会場内で実施している来場者のプレイ評価「スカウトアクション」は、コスモス社の協力トリックテイキングゲーム『ザ・クルー(Die Crew)』が1位。2位にはフォイヤーラントの重量級ゲーム『クリスタルパレス』と、ハンス・イム・グリュック社の『マルコポーロ2』が入った。
一方、オンラインで投票できるギークバズ(GeekBuzz)の1位はアポルタゲームズ『マグニフィセント(The Magnificent)』、2位はボード&ダイスの『トリスメギストゥス』、3位は『バラージ』。15位以内でスカウトアクションと重なっているのは『バラージ』(3位)のほか、『クーパーアイランド』(7位)『テラマラ』(10位)『アズール:サマーパビリオン』(12位)の4タイトルだけだった。
スカウトアクション1位の『ザ・クルー』はギークバズ123位、2位の『クリスタルパレス』は67位、『マルコポーロ2』は87位と評価が大きく異なっている。スカウトアクションは昨年の1位が『ベルラッティ』と『シティ・オブ・ローマ』で、どちらも今年のドイツゲーム賞に入っておらず、新作の急増とグローバル化の波で評価が多様になっているようだ。
【スカウトアクション 最終結果】
1位:ザ・クルー(Die Crew、コスモス)4.1
2位:クリスタルパレス(Crystal Palace、フォイヤーラント)4.0
2位:マルコポーロ2(Marco Polo II、ハンスイムグリュック)
4位:アズール:サマーパビリオン(Azul: Summer Pavilion、プランB)3.9
4位:バラージ(Barrage、クラニオ・クリエイションズ)
4位:カーニバル・オブ・モンスターズ(Carnival of Monsters、アミーゴ)
4位:レス・アルカナ(Res Arcana、サンドキャッスル)
4位:チーム3(Team 3、アバクス)
9位:ディノサウルスアイランド(Dynosaur Island、フォイヤーラント)3.8
9位:キッチンラッシュ(Kitchen Rush、ペガサス)
9位:ルーンストーンズ(Rune Stones、クイーン)
12位:カルトグラファーズ(Cartographers、ペガサス)3.7
12位:クーパーアイランド(Cooper Island、フロステッド)
12位:テラマラ(Terramara、クワインド)
15位:パームアイランド(Palm Island、コスモス)


最終日に行われたカルカソンヌ世界選手権は、昨年優勝の藤本巌郎氏と、今年の日本代表で2014年世界優勝の望月隆史氏が出場。2人とも予選5ラウンドを突破したが、準々決勝で敗退した。決勝はそれぞれ日本代表を破ったマリアン・クルカン氏(ルーマニア)対イン・チェンチェン氏(台湾)となり、昨年の準優勝者でもあるルーマニア代表のマリアン・クルカン氏が制した。


来年のシュピール’20は2020年10月22日~25日。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です