Posted in 国内ニュース

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」でボードゲーム特集(6)

9月29日に日テレ系のテレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にて、「第5回 世界のテーブルゲームを遊び尽くせ!」というテーマで出演者が4タイトルのボードゲームを遊ぶ様子が放送された。この番組でボードゲームが取り上げられるのは2週連続放送含め通算6回目。 スタジオ内には各国のボードゲーム…

続きを読む 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」でボードゲーム特集(6)
Posted in 国内ニュース

名古屋本山にゲームカフェバー「Bright」10月1日オープン

名古屋・本山に10月1日、ゲームカフェバー「Bright(ブライト)」がオープンする。地下鉄本山駅徒歩3分、日~水13:00~24:00、金土13:00~29:00、木休。 ボードゲームとeスポーツ用ゲーミングモニターを設置し、アナログ・デジタルの両方のゲームを遊べるカフェバー。41席で100種類以…

続きを読む 名古屋本山にゲームカフェバー「Bright」10月1日オープン
Posted in 連載

ボドゲde遊ぶよ!! phase 13-11

Back Number

続きを読む ボドゲde遊ぶよ!! phase 13-11
Posted in 国内ニュース

ワードゲームの祭典「World Word Game Festival」10月6日開催

東京・町田パリオ(町田駅徒歩1分)にて10月6日(日)、ワードゲームの祭典「World Word Game Festival」が初開催される。11:11~17:17、入場料500円(小学生は保護者同伴で無料。中高生は学生証の提示で無料)。ウェブサイトで優先入場チケット発売中(当日券もあり)。 『狩歌…

続きを読む ワードゲームの祭典「World Word Game Festival」10月6日開催
Posted in 日本語版リリース

『ジャングルスピード(2020年版)』日本語版、10月中旬発売

ホビージャパンは10月中旬、スピードパターン認識ゲーム『ジャングルスピード(Jungle Speed)』2020年版を日本語版で発売する。ゲームデザイン・T.ヴアルシェ(トム)&P.ヤコヴェンコ(ヤコ)、アートワーク・SKWAK、2~10人用、7歳以上、15分、2600円(税別)。 1997年にフラ…

続きを読む 『ジャングルスピード(2020年版)』日本語版、10月中旬発売
Posted in 国産新作ゲーム

名前を書いて排除!『DEATH NOTE 人狼』発売

CHOCOLATE GAMESは9月26日、人気コミックによる『DEATH NOTE 人狼』を発売した。4~6人用、12歳以上、10~20分、2500円(税込)。 デスノートをめぐる頭脳バトルゲーム。デスノートを使って理想の世界を作り上げようとするキラ・夜神月と、世界一の名探偵・Lたちとなって頭脳戦…

続きを読む 名前を書いて排除!『DEATH NOTE 人狼』発売
Posted in 日本語版リリース

影絵でお題を表現!『ピクチャーショー』日本語版、10月中旬発売

ホビ―ジャパンは10月中旬、影絵を使うコミュニケーションゲーム『ピクチャーショー(Picture Show)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・K.キールナン、2~8人用、7歳以上、20分、4500円(税別)。 アスモデ・イタリアから今年発売される作品。プレイヤーはチームに分かれて、用意された45…

続きを読む 影絵でお題を表現!『ピクチャーショー』日本語版、10月中旬発売
Posted in 国産新作ゲーム

ARボードゲームプラットフォーム『ティルト・ファイブ』予約受付開始

ゲームガジェットは25日、クラウドファンディング発のARボードゲームプラットフォーム『ティルト・ファイブ(Tilt Five)』の予約受付を開始した。10月29日までの早割でLE版(正方形ゲームボード)34,800円、XE版(大型ゲームボード)38,800円、完全予約制で2020年6月出荷予定。 テ…

続きを読む ARボードゲームプラットフォーム『ティルト・ファイブ』予約受付開始
Posted in シュピール19

シュピール’19:ニュルンベルガー・シュピールカルテン出版

★アヌビックス(Anubixx) ゲームデザイン・F.オルトレップ&H.オルトレップ&S.ベンドルフ、2~5人用、8歳以上、20分。 ファラオのために巨大建造物を作るロール&ライトゲーム。各プレイヤー1枚ずつ用紙とペンをもち、手番プレイヤー4個のダイスを振ってその中から2個選ぶ。残りの2個はほかプレ…

続きを読む シュピール’19:ニュルンベルガー・シュピールカルテン出版
Posted in 翻訳記事

ドイツ・ボードゲーム評論の日レポート(2)

6月にドイツ・ハンブルクで行われた第1回「ボードゲーム評論の日」のレポートの続きを翻訳。 1.文化的な評論と新聞の学芸欄 6つのワークショップ ボードゲーム評論の日で行われたワークショップでは、たいへん活発な議論が行われると共に、参加者に部屋の移動を促した。参加者は30分ごとにワークショップ会場を変…

続きを読む ドイツ・ボードゲーム評論の日レポート(2)