シュピール’19:開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月24日(木)、ドイツ・エッセンにて、世界最大のボードゲームメッセ「シュピール(Spiel)」が開催される。日曜日までの4日間で20万人(前年比+1万人)の参加を見込む。
spiel19-open.jpg
36回目を迎え、ボードゲーム・カードゲームメインとしては世界最大のイベント。出展者数も昨年の1150団体から1200団体(53カ国)に増え、新作は昨年の1400タイトルから1500タイトルに増加。会場面積も80000㎡から86000㎡へと拡大し、2006年と比べて2倍になった。この間、出展団体数は倍増していないが、これは面積の大きいブースを取る団体が増えているためである。
新作の急増を受けて今年初めて、新作を試遊できるイベント「プレビューナイト」が行われる。65団体が参加し、開幕前日の18時から25時まで行われる。また金曜日を「教育者の日」として教育におけるボードゲームの可能性を探るフォーラムが開かれ、教師を始めとする教育関係者や専門家が議論を行う。
ほかにも土曜日には図書館など公共施設でのボードゲーム、イランのボードゲーム事情(関係者は入国許可が降りなかったが決行)、ユーチューブやポッドキャスト、ポータルゲームズの20年、ボードゲームは世界をいかに豊かにするかという5つのテーマでパネルディスカッションが開かれる。
innospiel2019.jpg革新的なボードゲームを顕彰する「イノシュピール(innoSPIEL)』は3回目。『マジックメイズ』『クールランニングス』に続いて今年選ばれたのは『壁をぬけて』。ツォッホ社の製品で、ゲームボードを回転させ、下にある磁石によって盤上を変化させることができる。メビウスゲームズで取り扱い中。ノミネートは『ディテクティブ(Detective)』『キーフォージ(Keyforge)』。


さらに今回初めての試みとして、4日間にわたってストリーム配信が行われる。専用の会場を用意し、ダイスタワーのT.ヴァーセル氏などが新作を紹介する。撮影で使われる特製ボードゲームテーブル(5000ユーロ相当)はwww.gleam.ioの賞品として提供されることになっている。
最後に、ボードゲーム出版社協会がボードゲーム市場を報告。前年比4%増、5年前と比べると4割増となっており、ファミリーゲーム、大人向けゲームが14%増と高い伸びを見せている。ジャンルとしては脳トレ&論理ゲーム、脱出ゲーム、カードゲーム、ダイスゲーム、ワードゲームが人気で、コンポーネントが豪華な50ユーロ(国内価格7000円)前後の高価なボードゲームもよく売れている。一方キッズゲーム、未就学児向けゲームははやや減少傾向であるという。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です