『ワンナイトマンション』をリメイク『目撃者たちの夜』8月3日発売

すごろくやは8月3日、すごろくや祭にてカードゲーム『目撃者たちの夜』を発売した。ゲームデザイン・渋江玖琉、3~6人用、8歳以上、10分、1800円(税別)。
ぎゅんぶく屋から2017年に発表された『ワンナイトマンション』のリメイク。洋館内での殺人事件で殺人鬼カードの所在を特定することを目指す。
「人から回ってきた人物カード1枚と山札から引いた人物カード1枚のうち、1枚を自分に、もう1枚を人に回す」を繰り返す。全員に行き渡ったら、どの人物カードが誰のところから誰のところまで移動したか、目撃情報を報告・相談しあい、殺人鬼の所在を推理する。
その中で殺人鬼やその仲間を選んだ人たちは、誰が殺人鬼なのかを当てられないように、ウソの目撃情報を流して他の人が疑われるように仕向けなければならない。投票の結果、殺人鬼は見つかるのか、それとも逃げおおせるのか?
使用する人物カードの組み合わせはレベル1~8で変更可能。メンバーやシチュエーションに応じた楽しみ方ができる。
すごろくや:目撃者たちの夜

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です