カタン世界選手権2018、日本代表犬束良太郎氏12位

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月24~25日、ドイツ・ケルンでカタン世界選手権2018が行われた。世界46カ国から、日本代表の犬束良太郎氏が12位、優勝はメキシコ代表のQ.エルナンデ氏。
現在隔年開催となっているカタン世界選手権は今回で12回目を迎える。今年は46か国から76人の代表が参加した。犬束氏は4戦中3勝、合計勝利点38点という圧倒的な成績で予選を1位通過。セミファイナルに進出したがデンマーク代表に阻まれて惜しくも敗退した。決勝はコロンビア、デンマーク、メキシコ、ドイツという顔合わせで、メキシコ代表のエルナンデ氏が優勝した。
大会の様子はコスモス社が動画を配信したほか、同行した秋との子氏がツイートでレポートしている。日本代表のこれまでの最高成績は第5回ドイツ大会の大井真也氏、第10回ドイツ大会の松本吉高氏による準優勝。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です