アライアル(Arraial)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すき間のないパーティー会場には客が来る
arraials.jpg
テトリス型のピースをパーティー会場に埋め込んで、お客さんをたくさん集めるパズルゲーム。メボゲームズ(ポルトガル)の作品で、シュピール’18で発表された。ダイスタワーのT.ヴァーセル氏が「ローゼンベルクのパズル三部作よりも好き」とレビューしている。タイトルはポルトガル語で「フェアー」の意味。テトリスピースに描かれた楽しそうなパーティーピーポーが、パズル特有の重苦しさを解消している。
中央に回転テーブルがあり、3枚のカードが載っている。手番には90度回すかカードを取るかを3回でき、カードを取ったら対応するテトリスピースを、その向きで自分のボードに配置し、場札から回転テーブルに補充して次の人の手番となる。
同じ色のピースが2枚つながったら客が1人来て、色別に最も多くピースがつながっているプレイヤーにはカップルがやって来る。また横一列つながっても白の客が1人やってきて、最後にこれらの人数で勝敗を競う。
カードの山札がなくなるとラウンド終了で、上にあるバーが2段下りてくる。これがテトリスピースにぶつからなければ、白の客がパーティーに加わり、その分バーを押し上げてくれる。このルールがあるために、何でもたくさんピースをとって隙間だらけに置いてあると後で苦しくなるだろう。3ラウンドでゲーム終了。
場札から回転テーブルへの補充が重要で、次のプレイヤーの状況を見て置きにくそうなものを選ばなければならない。どのカードを補充するかは運の要素もあり、また回転することでたいていのピースは入るため、インタラクションは重苦しくない。楽しくプレイできた。
Arraial
ゲームデザイン・N.B.センティエーロ&P.ソレダーデ
イラスト・N.サライヴァ
メボゲームズ(2018年)
1~4人用/8歳以上/30分
テンデイズゲームズが取扱予定(?)

Author: admin