ゲームマーケット大賞受賞作『ビンジョー×コージョー』2月22日一般発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

binjokojo2.jpgアークライトは2月22日、スイッチゲームズのレーベルで、工場ラインを構築して製品を作るボードゲーム『ビンジョー×コージョー』を一般発売する。ゲームデザイン・すまいる120円、イラスト・U井&A.ドイッセン、アートワーク・タンサンファブリーク、3~4人用、10歳以上、40~60分、4000円(税別)。
世間の流行りにビンジョーし、天下の大コウジョーを目指すゲーム。オリジナルはゲームマーケット2016神戸で発表され、第2回ゲームマーケット大賞に輝いた。このたびタンサンファブリークによる楽しいアートワークで一般発売される。
自分の工場には製造ラインが3本あり、「熱する」「切る」「固める」「混ぜる」「組み立てる」という5種類の機械タイルを配置して、生産体制を整える。手番の最後に各製造ラインの機械タイルにあるコマを1マスづつ進め、市場の注文に備える。
市場から製品の注文が出てきて、それに対応する製造ラインが整っていたら製造できる。このとき、ほかのプレイヤーも同様の製造ラインがあれば「ビンジョー!」といって同じ製品を製造できるところがポイント。製造できると収入が入り、その設備で新たな設備投資を行ったり、資産を増やしたりする。最終的には資産勝負だが、どこまで設備投資するかも考えどころだ。
ライトなプレイ感の中にも便乗するための機械の選択や工場の拡大のバランスなどにインタラクションとタクティクスがあり、便乗や製品カードのめくり運で盛り上がれる作品。コンニャクから宇宙ロケットまで、あなたは何を作る?
ゲームマーケット大賞受賞作がオリジナルと異なる出版社から発売されるのは初。ゲームマーケット大賞の中立性をはかるため、主催のアークライト社は受賞作品の優先契約権などをもっておらず、受賞後にフェアなかたちで出版契約が行われている。
内容物:資本金ボード1枚、工場ボード4枚、職人タイル15枚、機械タイル45枚、製品カード30枚、チャージタイル1枚、チャージコマ12個、資本金コマ4個、お金チップ59枚、スタートプレイヤータイル1枚、ルールブック1冊(※カードサイズ:44×63mm)
binjokojo22.jpg

Author: admin