往年の大ヒットカードゲーム『モンスターメーカー』1月13日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトは1月13日、スイッチゲームズのレーベルで往年の名作カードゲーム『MONSTER MAKER モンスターメーカー』を発売する。ゲームデザイン・鈴木銀一郎、イラスト原案・九月姫、イラスト・平尾リョウほか、グラフィック・出嶋勉、2~6人用、8歳以上、30分、3500円(税別)。
モンスターを倒して財宝を集め、誰よりも早く迷宮から帰還して名声を競うカードゲーム。鈴木銀一郎氏のデザインで1988年に翔企画から発売され、たくさんのシリーズ作品が発売されただけでなく、TCG、TRPG、コミック、小説と幅広いメディア展開をした大ヒット作品が帰ってきた。リメイクされるのは『モンスターメーカー・リバイズド』(2004年)以来で、より短時間で遊べるようになっている。
迷宮カードを自分の前に出して数字を足し合わせていき、規定数以上になれば宝物カードが得られる。しかしほかのプレイヤーからモンスターカードを出されると行く手を阻まれる。ダイスとキャラクターカードの補正でモンスターを倒せば、先に進むことができる。迷宮カードの行きと帰りの合計数を合わせられれば無事帰還できたことになり、宝物をゲットできる。
迷宮カードの数の調整の難しさと、モンスターとの熱い戦いがあり、短時間に楽しさが詰まったカードゲームだ。
内容物:冒険カード125枚(キャラクターカード30枚、モンスターカード20枚、迷宮カード50枚、回り道カード5枚、宝の小部屋カード10枚、トラップカード5枚、聖職者カード5枚)、宝物カード25枚、ゲーム進行カード6枚、往路/復路タイル6枚、帰還ボーナスタイル1枚、6面体ダイス6個、遊び方説明書1冊(※カードサイズ63×88mm)
monstermaker2.jpg

Author: admin