Posted in 国内ニュース

ネットTVで「芸能界ボードゲーム最強決定戦~秋の陣~」、10月1日配信

インターネットテレビ「AbemaTV」で10月1日(土)20:00~22:00に、「芸能界ボードゲーム最強決定戦~秋の陣~」が配信される。出演・吉木りさ(タレント、グラビアアイドル)、里崎智也(元プロ野球選手)、高橋茂雄(サバンナ)、水谷葵(東京大卒プロ雀士)、解説実況・伊藤広大(こりゃめでてーな)…

続きを読む ネットTVで「芸能界ボードゲーム最強決定戦~秋の陣~」、10月1日配信
Posted in 日本語版リリース

パートナーと役作り『チームプレー』日本語版、11月4日発売

アークライトは11月4日、2人1チームで役を作るドイツのカードゲーム『チームプレー(Team Play)』日本語版を発売する。J.シュミダウアー=ケーニヒ作、3〜6人用、8歳以上、30分、1800円(税別)。 2015年にシュミットシュピーレ(ドイツ)から発売された作品。輸入版はメビウスゲームズが扱…

続きを読む パートナーと役作り『チームプレー』日本語版、11月4日発売
Posted in 海外ニュース

第11回カタン世界選手権、堂久剛氏4位

9月23~26日、アメリカ・コロラド州デュランゴで行われた第11回カタン世界選手権で、日本代表の堂久剛氏(北陸カタンクラブ)が4位に入賞した。優勝はアメリカ代表のW.カヴァレッタ氏。 現在隔年開催となっているカタン世界選手権。今年は38か国から60人の代表が参加した。予選を13位で通過した堂氏はセミ…

続きを読む 第11回カタン世界選手権、堂久剛氏4位
Posted in 日本語版リリース

発明競争ゲーム『インベンターズ』日本語版、10月下旬発売

ホビージャパンは10月下旬、実在の発明家・発見家が登場する発明競争ゲーム『インベンターズ(Legendary Inventors)』日本語版を発売する。デザイン・F.アンリ、イラスト・G.ラヌリアン、2~5人用、10歳以上、40分、4500円(税別)。 グーテベルク、キュリー夫人、エジソン、ヒポクラ…

続きを読む 発明競争ゲーム『インベンターズ』日本語版、10月下旬発売
Posted in 国産新作ゲーム

推理ゲーム『4人の容疑者~湯けむりに消えた謎』発売

テンデイズゲームズは、温泉旅館の殺人事件を推理するボードゲーム『4人の容疑者~湯けむりに消えた謎』を発売する。デザイン・K.A.オストビー、イラスト・ママダユースケ、2~5人用、10歳以上、30~45分、2800円。 東京・三鷹のボードゲーム専門店テンデイズゲームズが『エスケープ』『ホテルサモア』『…

続きを読む 推理ゲーム『4人の容疑者~湯けむりに消えた謎』発売
Posted in 国産新作ゲーム

『亜人狼 ~不死身の亜人を探せ!~』発売

スロウカーブは9月21日、講談社アフタヌーン誌連載のコミック『亜人』をもとにした『亜人狼 ~不死身の亜人を探せ!~』を発売した。5~20人用、10歳以上、30分、1620円(税込)。 昨年10月に発売した『サイコパス人狼』に続くコラボ人狼第2弾。劇場アニメ3部作の最終章公開に合わせての発売である。 …

続きを読む 『亜人狼 ~不死身の亜人を探せ!~』発売
Posted in レポート

第1回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて

9月25日(日)、山形県長井市のフェス「ぼくらの文楽」内で、第1回東北ボードゲームフリーマーケットが開かれた。約400点のボードゲームが出品され、約300人が訪れるという大盛況となった。 今回、ブース分けをせず、値段・日本語ルールの有無・状態・出品者名を記した出品票を1つ1つに貼付して、全部をシャッ…

続きを読む 第1回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて
Posted in 国内ニュース

第1回東北ボードゲームフリーマーケット開催

いよいよ25日(日)、管理人の地元である山形県長井市の西根地区公民館にて第1回東北ボードゲームフリーマーケットが開催される。13:00~16:00。 出品は中古ボードゲームが中心で、約400タイトルが並ぶ見込みとなっている。当サイトの管理人も150タイトルほどを出品する。絶版のボードゲーム(ボードゲ…

続きを読む 第1回東北ボードゲームフリーマーケット開催
Posted in

クレイジーワード(Krazy Wordz)

語感で通じ合う ランダムに配られた文字を組み合わせて、お題を表現するワードゲーム。語感を操作することで生まれるインパクトを楽しめる。ドイツ年間ゲーム大賞推薦作品。 まず、各プレイヤーにお題カードが配られる。「インドネシア語で『米』」「フランスワインの銘柄」「AV女優の芸名」など、内容はアダルト向け。…

続きを読む クレイジーワード(Krazy Wordz)
Posted in

コードネーム:ディープアンダーカバー(Codenames: Deep Undercover)

ヒントも過激にならざるを得ず 今年のドイツ年間ゲーム大賞に輝いたチーム戦連想ゲーム『コードネーム』(TGiWレビュー)のアダルト版。『テレストレーション』のアダルト版である『テレストレーション:アフターダーク』(TGiWレビュー)と並んで、昼夜とゲームを変えて全く別な雰囲気で遊べる作品である。プレイ…

続きを読む コードネーム:ディープアンダーカバー(Codenames: Deep Undercover)