『サイコパス人狼』、10月2日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スロウカーブは10月2日、アニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』をもとにした『PSYCHO-PASS サイコパス人狼 ゲーム』を発売した。5~16人用、13歳以上、30~60分、1,500円(税込)。
『PSYCHO-PASS サイコパス』は近未来の日本が舞台のアニメーションで、今年1月に劇場版が封切された。人間の心理状態や性格傾向を数値化する「シビュラシステム」が導入された監視社会で、厚生省管轄の警察組織「公安局」の刑事の活動と葛藤を描く。
人狼ゲームでは、シビュラ社会市民と、人狼にあたる「例外者」、さらに「監察官」「執行官」「分析官」「協力者」「局長」の役職が入り、ストーリーさながらの臨場感が楽しめる。

都内にて無差別殺傷事件が発生。しかし不思議なことに、事件現場近くの街頭スキャナーには、サイコパスが悪化した人間は記録されていなかった。おそらく犯人は、何らかの方法で犯罪係数を特定できないようにしている。そうなれば犯人の捜索は困難であり、仮に発見できたとしてもドミネーターでは執行不可能と思われた。そんな折、公安局局長・禾生壌宗から犯人の無傷での確保が命じられる。公安局刑事課一係はシビュラ社会の正しき市民と協力して、犯人を拘束しなければならない。「シビュラ社会の住人」と犯人=「例外者」たちの心理バトルが、いま始まる!!

スロウカーブはエンタメ会社で、2013年にコミック『となりの801ちゃん』の人狼イベント「オタク人狼~リア充を探せ!」を開催している。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です