ドイツ・メンサ賞2015に『ラ・ボカ』『テラミスティカ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

IQテストで上位2%の成績優秀者のみが入会できる国際団体「メンサ」のドイツ支部は、6回目のドイツ・メンサ賞(MinD Spielepreis)を発表した。昨年までは審査員部門と投票部門だったが、今年から2つの部門に分かれ、会員の投票の結果、「短時間ゲーム部門」に積み木パズルゲームの『ラ・ボカ(La Boca)』、「複合ゲーム部門」にファンタジー陣取りゲームの『テラミスティカ』が選ばれた。
数多くのボードゲーム賞と違い、対象を過去5年間の新作にしているところがこの賞の特徴。運だけのゲーム、知識だけを問うゲーム、キッズゲームは除外される。会員が1人5タイトルまで推薦でき、推薦数の多かった上位5タイトルが12月の決選投票にかけられる。
「短時間ゲーム部門」の次点はサイコロの出目を組み合わせて数字を作る『ファラオコード』、3位はテトリス系ゲームの『ジャスト・イン・タイム』が入った。いずれもメンサらしい、パズル系ゲームとなっている。「複合ゲーム部門」の次点は『ロシアンレールロード』、3位は『ルイス・クラーク探検隊』。
授賞式は年2月7日、マールブルクで行われる予定。
MinD-Spielepreis – Die ausgezeichneten Spiele 2015

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です