ボードゲーム消費金額2014、平均は15万5千円

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週から当サイトで行ったアンケート「ボードゲーム消費金額2014」の結果を発表します。回答者は228名でした。ご協力ありがとうございます。
今年1年、ボードゲームの購入に使った金額の平均は154,999円。矢野経済研究所「オタク」市場に関する調査結果(http://www.yano.co.jp/press/pdf/1334.pdf)で最も高かった「アイドル」(94,738円/247人の平均)の1.5倍以上です。ボードゲームは実際のところ、意外にお金のかかる趣味だということが分かります。
平均金額を月割すると1ヶ月13,000円ほど。大箱で2~3タイトル分といったところでしょうか。日本国内でリリースされる新作のタイトル数が同人作品を除いても200タイトル(1ヶ月あたり17タイトル)以上であることを考えると、決して多いとはいえません。欲しいゲームはいくらでもあるけれど、買うお金も遊ぶ時間も、しまう場所も追いつかないというのが愛好者の実情です。
回答者の分布はグラフの通りです。5~10万円が最も多いですが、全体では10万円未満より10万円以上が多い結果となりました。中には100万円を超える方も数名おり、平均が引き上げられています。
ボードゲーム消費金額2014

Author: admin

ボードゲーム消費金額2014、平均は15万5千円」に3件のコメントがあります

  1. 確認ありがとうございます。月に8300円くらいとなると大箱1タイトル+αくらいですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です