アラカルトカードゲーム賞2014に『アブルクセン』

ドイツのボードゲーム専門誌『フェアプレイ』は2日、ホームページにてアラカルト・カードゲーム賞2014を発表した。識者の投票によって『アブルクセン』が1位に選ばれた。W.クラマーが同賞を受賞するのは『ニムト』(1994)以来20年ぶり2回目、ラベンスバーガー社(ドイツ)の受賞は初となる。
『アブルクセン』はほかの人より数字の大きなカードを自分の前に出しつつ、手札を早くなくすことを目指すカードゲーム。選択肢の多さ、奥の深さが評判を呼び、日本国内でも人気がある。オーストリアゲーム大賞、国際ゲーマーズ賞ノミネート、ドイツゲーム賞金の羽根賞を受賞している。
2位には日本人デザイナーのカナイセイジ氏による『ラブレター』が入った。昨年はAEG版で3位に入っていたが、今年はペガサス版で順位を上げた。同一タイトルが2年連続入賞するのは異例のことだ。7位にはbone5氏の『パレード』が入っており、日本人デザイナーの海外版が2タイトルもランクインしている。
【アラカルトカードゲーム賞2014】
1位:アブルクセン(Abluxxen / W.クラマー、M.キースリング / ラベンスバーガー)
2位:ラブレター(Love Letter / カナイセイジ / ペガサス)
3位:ウーゴ!(Ugo! / R.ヘークストラ、T.ヤンセン、P.ズイドホフ / プレイジスワン)
4位:ポートロイヤル(Port Royal / ペガサス)
5位:カシュガル(Kashgar / コスモス)
6位:スカルキング(Skull King / シュミット)
7位:パレード(Parade / シュミット)
8位:SOSタイタニック(SOS Titanic / ルドノート)
9位:フンギ(Fungi / ペガサス)
10位:コリョ(Koryo / ムーンスターゲームズ+アスモデ)
Fairplay Online:À la Carte Preis 2014: Abluxxen
TGiWレビュー:アブルクセン

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です