シュピール’13新作情報:ルックアウトシュピーレ

このエントリーをはてなブックマークに追加

『アグリコラ』を生み出したドイツの出版社は、人気作の続編から意欲的な新作まで、ゲーマー向けの作品をたくさん発表します。
ブレーメンの港ブレーメンの港(Bremerhaven)
R.アウアーロフス作、1~4人用、12歳以上、90分。アートワークは『ル・アーブル』にならっていますが、ローゼンベルクではなく新人デザイナーを起用しています。
北ドイツの有名な港を作り、富と名声を競います。毎ラウンド、希望するアクションスペースに影響力カードを裏にして出し、最も多い人がそのアクションを実行します。アクションはラウンドによって異なり、新しい船と品物を手に入れたり、港を拡張したり、新しい契約を結んだり、資材の価格を変えたり、手札の影響力カードを強化したり、新しい建物を建てたりします。船は短い間しかおらず、その間に契約通りに品物を荷降ろしできないと罰金が課せられてしまいます。
規定ラウンドで勝利点の多い人が勝ちです。ショートルール、ソロプレイルールもあります。
ブレーメンの港(コンポーネント)
カヴェルナカヴェルナ:洞穴の農夫(Caverna: Die Höhlenbauern)
U.ローゼンベルク作、1~7人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分。
『アグリコラ』の後継作となるボードゲーム。洞穴に住むドワーフの一族を率いて森を切り開き、洞穴を掘り、洞穴の中に子孫のための住まいや仕事場を作ります。鉱石をどれくらい掘るか決め、掘り出した鉱石から鍛冶で武器を作ります。武器があると、パトロールをして特別ルートでアクションができるようになります。洞穴の中には鉱石のほかにも、水脈やルビーが出てくるところもあり、ドワーフの生活を豊かにしてくれます。
農業ももちろん大切です。洞穴の前にある森を開墾して畑を作り、柵で囲んで動物たちの牧場を作ります。最後に自分のボードをもっとも豊かにしたプレイヤーが勝利します。
いろいろなタイル48枚を使いこなすソロプレイルールから、7人でも遊ぶことができるというプレイ人数の広さも魅力です。ドワーフ、動物、資材の木のコマが300個以上、鉱石とルビーの透明コマが60個以上、タイルが400枚以上、カード30枚で、物理的にも『アグリコラ』に匹敵する重量級作品です。
アグリコラ2拡張2アグリコラ:牧場にもっともっと建物を(Agricola: Noch mehr Ställe für das liebe Vieh!)
U.ローゼンベルク作、2人用。
2人専用の『アグリコラ:牧場の動物たち』の第2拡張セット。ドイツ語版はすでに発売されています。
27の新しい建物が入っており、毎ゲームその中からランダムに選んで使います。ワーカーを追加する「収入役場」や資材を動物と交換する「動物市場」などが入っています。

カーニッケルカーニッケル(Karnickel)
B.ギルバート作、2~4人用、6歳以上、15分。日本語ルールを含む多言語版です。
ダイスを振ってウサギを進め、ニンジンを集めます。ダイスの中にはエンジンマークがあり、エンジンマークが出たものは脇によけておきます。全てのダイスがエンジンマークになると、機関車が走り、途中にいたウサギは逃げ出してしまいます。機関車が通らなかったり、うまくトンネルに入っていたウサギはニンジンをもらえます。誰かがニンジンを8本集めたとき、最も多くニンジンを集めたウサギの勝利です。
カーニッケル(コンポーネント)
ノーフラゴスノーフラゴス(Náufragos)
A.コーラル作、1~4人用、12歳以上、120分。
難破して孤島に辿り着いたプレイヤーたちが、協力して生還を目指すゲーム。半協力ゲームは、ルックアウトシュピーレ初で、スペイン人のデザイナーによる作品です。

1719年8月17日、ある島に我々はいる。狼煙を焚く木はやっと集めたが、仲間は山に探索に行ったまま帰ってこない。ずっと待っているが食料は底をつきかけている。昨晩は森のほうから音が聞こえた。私は眠ることができない。神よ救い給え!

全員協力して救出されることを目指しますが、勝者は報告ポイントをたくさん集めたプレイヤーです。試行、悪口、喜び、疑い、救出までにさまざまなドラマが起こるでしょう。
ノーフラゴス(コンポーネント)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です