ギルドマスター(Guildhall)

このエントリーをはてなブックマークに追加


揃う前に使え

増えれば増えるほど強い職人の効果で、勝利点を稼ぐアメリカのカードゲーム。日本語版が先月発売されたばかりである。カードの使い方にテクニカルな部分があって面白い。

手番には職業カードを出す、好きなだけ捨てて6枚まで補充、揃った職業カードを勝利点カードに換えるという3種類のアクションから2つを行う。手札があるうちは、カードを2枚出すのが基本。

職業カードを出したとき、同じ種類のカードを自分のギルド(場)に何枚出していたかによって、効果が変わる。例えば「機織り」は、初めてなら「手札から1枚を自分のギルドに加える」だが、4枚出していると「手札から好きなだけギルドに加えて、2枚を回収する」になる。職業は6種類。できれば2,3種類に絞ってカードを出していったほうが、強い効果を得やすいだろう。

職業カードはそれぞれ5色あり、1種類の職業について同じ色は出すことができない。したがって、だんだん出せるカードが少なくなる。ほかのプレイヤーからもってくる「商人」や、捨て札からあさる「歴史家」を駆使してほしいカードを集めよう。

こうして全色揃ったら、中央にある任務(勝利点)カードに交換できる。このカードにも特殊効果があり、強いものは勝利点が低い。得点重視か、将来を見据えて特殊効果重視か、悩むところだ。20点先取で勝利。

ギルドマスター
急いで揃えず効果をじっくりと使うことも必要

3人プレイで30分。最初全員が暗殺者から始めたのでお互いに攻撃しあって停滞したが、その中からkarokuさんが農民で地道に勝利点を集め始める。そのうち、踊り子で手札を増やし、機織りで出しまくるというコンボで一気に片をつけた。私の方は、急いで揃えようとするあまり、効果を使わないまま5枚集めてしまうことが多く最下位。

1つの職業をあえて揃えないで途中で止めておいて、強い効果を使ってほかの職業を増やすというテクニックが求められる。

Guildhall
H.ファン/アルデラック・エンターテインメント・グループ(2012年)・アークライト(2013年)
2~4人用/12歳以上/30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です